クラブの運営

ク ラ ブ 運 営 方 針

kaicyou

2017-18年度 クラブ会長テーマ

「つなごう!ロータリーの心を!」

 

2017-18年度 福山西ロータリークラブ会長

塩 川 裕 樹

 

 

2017-18年度国際ロータリー会長イアン・ライズリー氏は、「ロータリーとは何ですか」という問いに対し、私は「ロータリー:変化をもたらす」というテーマで答えたい。なぜなら、私達がどのような方法で奉仕することを選択したとしても、その奉仕を通じて人々の人生に変化をもたらせると信ずるからです。と述べられ、会長テーマを

「 ロータリー:変化をもたらす (ROTARY : MAKING A DIFFERENCE) 」

と示されました。また、RI第2710地区 藤中 秀幸 ガバナーは、ガバナー信条を

「 時代の変化の先頭に立とう!!ロータリーの心で地域創生を!! 」

とされ、重点運営方針として ①ロータリーの理念に基づき2016年規定審議会で決定されたクラブ運営の柔軟性に関する規定に理解を深めクラブの活性化を計る ②会員増強(女性会員や若い会員の増強) ③がん予防の普及推進 ④地区戦略計画委員会とクラブ戦略委員会との連携 ⑤ロータリー財団への寄付と補助金の積極的な活用 ⑥地域の為に奉仕活動するボランティア団体やNPO法人等との連携 ⑦公共イメージと認知度の向上 ⑧米山記念奨学会事業の理解と支援⑨ローターアクトクラブ、インターアクトクラブの増強・支援 ⑩ロータリーの知的資産の蓄積と活用を掲げられました。

そこで私は、会長テーマを「つなごう!ロータリーの心を!」とさせていただきました。クラブ会長としてロータリーの基本理念をしっかりと理解し、クラブ運営に努めます。また福山西ロータリークラブの先輩会員のご苦労に感謝すると共にその伝統・理念を継承したいと思います。私は、謙虚な姿勢で自らを磨き、クラブ会員の皆様と共に人間性を高め、1年後には、クラブ会員の皆様に「変化をもたらす」と感じていただけるようなロータリー活動を実践いたします。会員の皆様のご理解ご支援ご協力をよろしくお願いします。

 

 

※ 重点目標 ※

  1. 会員純増2名以上(主として女性会員や若い会員)と退会防止。
  2. ベトナム国中学校の日本語教育への他クラブと合同での支援。
  3. 地域に根ざした新世代のための既存プログラムの継続支援。
  4. ロータリー財団・米山記念奨学会の理解と地区目標の達成。
  5. がん予防の普及推進への取り組み。
  6. クラブの長期ビジョンの検討・推進。
  7. RI会長賞に挑戦。
  8. ロータリーに入って良かったと感じる、充実した例会プログラムの実践。