15周年記念事業

福山西ロータリークラブは、1990年6月12日に創立され、今年15年という節目を迎え、去る6月12日、羽田皓市長並びに松本ガバナー他関係各位のご来賓をお迎えし、創立15周年式典を開催致しました。そのオープニングでは過去5年間の奉仕活動についてフラッシュで投影し、ささやかながらもその奉仕活動の一端をご披露させていただきました。そして、15周年並びに100周年の記念合同事業として、グリーンラインのファミリーパーク内への植樹並びに、園内放送機器の設置について、福山市への贈呈式を行いました。その他の記念事業として、グリーンラインファミリーフェスタの開催、ぬまくま落語会の支援を行いました。
以下、具体的な記念事業をご紹介いたします。

 

「桜100本の植樹」

しだれ桜と記念碑

景観瀬戸内海国立公園鞆の浦を眼下に見渡せる、グリーラインのファミリーパーク内に、ロータリー創立100周年並びに、福山西ロータリークラブ創立15周年を記念して、しだれ桜の成木1本と染井吉野99本、合わせて100本の植樹を行いました。この度の植樹は、園内の環境美化ならびに市民の憩いの場となることを願って実施したものであります。また、しだれ桜の根元に設置された記念碑には、ロータリーの行動指針でもある「四つテスト」が刻み込まれした。
それは、一般市民取分け青少年への道徳的規範として広められることを願うものであります。

 

「園内放送機器設置」

放送器具

上記植樹に併せて、ファミリーパーク内のインフォメーション設備として、園内放送機器を設置し、お知らせなどが公園内隅々まで行き届くよう、そして園内の安全にも寄与されるものであります。

 

「グリーンラインファミリーフェスタの開催」

中学生演奏風景

ロータリー100周年記念合同事業として、昨年11月14日(日)に”グリーンラインファミリー フェスタ”を開催しました。
当日は、チャリティーバザーをはじめ、中学生による吹奏楽演奏、ライブ及びビンゴゲームを開催し、1000名近い参加者のもと、秋の楽しい一時とさせていただき、このグリーンラインが市民の憩いの場として、よりいっそう活用されることを願っております。

 

「ぬまくま落語会を支援」

贈呈式

日本の代表的な市民文化である落語を通じて、より多くの市民に古典の素晴らしさを理解し、楽しんでいただくべく、福山西ロータリークラブが創立以来継続して後援を行っている「ぬまくま落語会」が、わがクラブ同様15周年を迎えられました。沼隈町並びに近隣の町おこしとしての文化事業への積極的な支援をなすべく、今年6月4日(土)に開催された「ぬまくま落語会」において、クラブ創立15周年事業の一環としての支援金贈呈を行い、地域文化交流発展の一助となすことができました。